世界は孤立し閉じこもったどんな存在にも似ていない。
私たちが笑うとき、私たちが愛しあうとき、
ひとりの人間から他の人間へと移行するものにこそ、
世界は似ているだろう。
G・バタイユ

零度の焼締陶

↓ 入り口